「JOTARO SAITO」斉藤上太郎氏 インタビュー

jyotaro

「昨年のサローネでのショーより」

六本木ヒルズに旗艦店を構え、きものブランドとして唯一、東京コレクションに参加。きものだけの世界に閉じ込もり安穏とするのではなく、グローバルファッションの潮流に自らを位置づけるそのあり方は、まさに開拓者と言える存在です。

その「JOTARO SAITO」は、毎年きものサローネ「TOKYO KIMONO COLLECTION」で、全作オリジナルのミニコレクションを発表して来ました。3年目となる今年は、どんなコレクションが展開されるのか。そして、近年ではインテリアファブリックにも活動領域を広げる旺盛な創作意欲について、お話をおうかがいしました。

>>詳細はこちら

京都の染色アトリエ「室華風」 津室伸吾氏 インタビュー

interview_photo011

モダンでありながら古典の品格をたたえた独自の作風で、きものの目利きから高い評価を受ける京都の染色アトリエ「室華風」。きものサローネがお届けする「TOKYO KIMONO COLLECTION」には、今年で3回目の参加となります。
アトリエを率いる津室伸吾さんは、現在37歳。染色作家でありデザイナーである津室さんが今回のサローネでどんなショーを展開するのか、日々の制作の様子とあわせてお伺いしました。

>>詳細はこちら

「ゑびす足袋本舗」 代表 白記澄子氏 インタビュー

interview02_02

創業万延2(1861)年。154年の歴史を誇る大阪の老舗足袋商「ゑびす足袋 本舗」が、サローネ「きものマルシェ」にやって来ます!
五代目である白記澄子さんは、弱冠四十代。基本の白足袋を大切に受け継ぎながら、楽しい柄足袋やレース足袋、冬にはふわモコレース足袋や一見革製に見える色足袋、また、驚くほど汚れの落ちる足袋ブラシなど、新商品の開発にも積極的に取り組んでいます。
老舗を受け継ぎ、変革して行く、その心意気について伺います。

>>詳細はこちら

和ランジェリーブランド「Wafure」 尾上 博美氏 インタビュー

ogami012

美しいカラートーンと繊細なレース使い、それでいて実用新案認可も取得した、優れた機能性。美しさと使い心地とを兼ね備えた和ランジェリーブランド「Wafure」は、2009年、尾上博美さんがたった一人で立ち上げました。
その尾上さんは一方で、日本舞踊「尾上流」の師範でもあります。
そう、「Wafure」の優れた機能性は、きものの所作を知り尽くした尾上さん自身の体験から生まれたのです。
10月8日、サローネステージで、トークショーと日本舞踊を披露くださる尾上さん。本インタビューでは、当日、「美しい日本の所作と心」と題してステージで語られ、舞われることの予告編となるお話をおうかがいします。

>>詳細はこちら

  • きものNightCOREDO室町1三井ホール 10/8(木)9(金)
  • 企画展「きもの100体スタイリズム」江戸桜通り地下歩道 10/8(木)~10(土)
  • きもの企画展&SHOWCOREDO室町1三井ホール 10/9(金)10(土)
  • きものマルシェYUITO日本橋室町野村ビル 10/7(水)~9(金)
  • オリジナル小型印サービス 10/7(水)~10(土)
  • 日本橋を愉しむ<きもの割引> 10/7(水)~10(土)
  • チケット購入
  • サローネ出展者と出演者をもっと深く知るためのインタビュー&コラム