image2
10月9日(金)〜10日(土)、日本橋三井ホール5Fで、きものと和文化にまつわる5つの企画展示をお楽しみいただけます(入場には2Daysチケットが必要です。→チケット購入)。

5つの企画展

「はじめて、キモノ展」

「きものに興味はあるけれど、どこから手をつけたらいいのか分からない」「自分に合った始め方を知りたい」‥そんな疑問に応える企画展です。
プログラムは、「タイプ別始め方チャート」「木綿VSポリエステル、どちらが優秀?」「プレタVSお仕立て、どちらで作る?」「リサイクルきもの活用術」「きものの下着と襦袢大図鑑」「自分サイズを知ろう!」「お手入れ何でも相談」「首都圏着付け教室情報ステーション」と盛りだくさん。少ない枚数でも着回しがきく賢いきものの揃え方を小島慶子さんが指南するパネル展も開催します。また、会場入口には、きものを知り尽くした“きものコンシェルジュ”が常駐。きものに関するどんな小さなことでも、直接ご相談に乗ります。

「伊藤佐智子 息づく、きもの展」

kikaku_photo01近頃ニュースなきものと言えば、『ヨルタモリ』で宮沢りえさんがまとうきもの。スタイリングを担当する伊藤佐智子さんはきもの/洋服を問わず、数々の映画、CM、舞台の衣装を手がけて来ました。その伊藤さんが提案する、今、現在のきもの。タイムカプセルに閉じ込められてしまったきものではなく、今、2010年代の生活スタイルの中で、現在進行形で楽しむきものおしゃれをさんざめくトルソー群で展示します。 はっとする半衿使いや海外のファブリックを使った帯、きものならではの色合わせ、帯留・衿留にしのばせるおしゃれ心…ブラウン管の向こうにため息をついて眺めた伊藤佐智子スタイルが、目の前に広がります。 また、まとうだけではなく、きものをインテリアオブジェとして楽しむこと、そして、香炉の上にきものを掛け、移り香を楽しむための道具“伏籠”の現代スタイルも提案。サローネオリジナルの練香をたきしめて披露します。誰よりも自由に、今を息づく、 伊藤佐智子きものスタイルをお楽しみください。
http://brucke.co.jp
協力:香研究家 渡辺えり代 / 世界の香文化を研究し、聞香会やオーダーメイドお香作りを主宰 arts-wellness.com

「小林鷹写真展“うつやか、舞妓の美”」

kikaku_photo02京都祇園にて、まだあどけなさの残る少女期から厳しく芸の道に励む、舞妓。 夜、お座敷で見せる華やかな姿の背後には、昼の時間、日本舞踊、茶道、華道‥日本女性のたしなみのすべてを身につける厳しい修練の時があります。 この、少女から大人へと、芸妓として一本立ちするまでの五年の移りゆきを、一人の舞妓、小扇(こせん)を通じ、小林鷹氏のレンズが追い続けました。 “うつやか”とは京都の言葉で、“美しい”の意。舞妓がまとうきもの、化粧、髪飾り、そして美しい所作を通じ、日本女性の究極の美の形に触れる写真展です。

「ジュサブロー人形展示」

kikaku_photo03日本を代表する人形作家、辻村寿三郎さん。 その作品の多くは日本の物語や故事に由来し、八百屋お七、淀君、武田信玄、里見八犬伝、吉原の花魁、「たけくらべ」の美登利‥人々の心の奥底に眠る薄幸の美女や英雄たちのイメージが迫真の表情を持った人形となって立ち現われ、深く心を揺さぶられます。 また、きもの好きなら、人形たちがまとう衣装にも注目したいところ。 きもの作家でもある寿三郎さんは貴重な縮緬布や古裂を惜しげもなく人形たちにまとわせ、その帯ときものの取り合わせや色合わせの妙は、伝統的なきものの美意識を完璧に再現しています。

「五代田畑喜八名品展」

kikaku_photo04江戸時代文政年間より、京都公家、武家の名門女性の衣裳を手掛けて来た田畑家。
代々お客様を“華主”と呼び、古裂のコレクションでも名高く、三代田畑喜八は染織作家として初めて人間国宝の指定を受けました。
そんな染色の名門田畑家の当代、五代田畑喜八氏は、江戸時代初期に開発された糊防染の藍染め技法“茶屋辻染め”の再現で名高く、現代染色界の頂点に立つ存在です。
サローネではその五代田畑氏の茶屋作品をはじめ、上村松園の名画をモチーフとした友禅染め作品など、逸品きものを展示します。
現代最高峰の名匠の手になる、格調高い美の世界をご堪能ください。

  • きものNightCOREDO室町1三井ホール 10/8(木)9(金)
  • 企画展「きもの100体スタイリズム」江戸桜通り地下歩道 10/8(木)~10(土)
  • きもの企画展&SHOWCOREDO室町1三井ホール 10/9(金)10(土)
  • きものマルシェYUITO日本橋室町野村ビル 10/7(水)~9(金)
  • オリジナル小型印サービス 10/7(水)~10(土)
  • 日本橋を愉しむ<きもの割引> 10/7(水)~10(土)
  • チケット購入
  • サローネ出展者と出演者をもっと深く知るためのインタビュー&コラム